「懐かしさ」と「新しさ」の融合が心地いい!『角打 神田』で今宵も一杯。神田駅すぐそばの路地裏。大きなガラス戸がおしゃれなカフェのような外観。そこで供される料理は、気取ってないが、ひと手間かかった逸品ばかり。もちろんビールをはじめ、日本酒、焼酎にもこだわりあり。いま巷で評判の『角打 神田店』を、調査してきた。

 「角打という名前は、“気取らないおいしい和食”を“立ち飲み感覚”で楽しんでいただきたいという思いからつけました。値段もほどほど、だけどしっかりおいしいものが食べたい。そんな方たちに愛されるお店になれれば」と教えてくれたのは、『角打 神田店』の店長である馬場さん。そう、角打といえば、お酒屋さんの一角を利用した立ち飲みスペースのことだが、一見さんは入りづらく、年季の入った酒好きであってもハードルはなかなか高い。
 「角打に行くみたいに、気楽にふらりと来てほしいという意味もあります。ただ、神田は居酒屋さんだけでなく、飲食店が多い場所。 “懐かしさ”だけではダメ、 “新しさ”だけでもダメ。おじさんたちは懐かしいねと思いながら杯を傾け、その隣で若い女子たちが新しいねと思いながら料理をつまむ。そんなお店を目指しています」。なるほど、店内の中央には大きな鍋があり、どこか懐かしさを感じさせる。しかし大きなガラス戸や調度品の仕立てにはこだわりを感じさせ、まるでおしゃれなカフェのようだ。
 「場所柄、いまはまだサラリーマンの方が多いんですけど、女性にももっと利用していただきたいと思っています」。

 「ビールに合うオススメのおつまみは、やっぱりアジフライ。揚げたて、肉厚のアジフライをハフハフ頬張りながら飲むスーパードライは格別ですよ。骨も揚げて、骨せんべいにしてますので、そちらもぜひ味わってください!」。まるで揚げたてのピチピチという音が聞こえてきそうなほど熱々のアジフライ。キンキンに冷えたスーパードライとの組み合わせは間違いなし!来店されたお客さまも、この組み合わせを楽しむ方が多いそうだ。  「あと、オススメは牛すじ煮込み。甘辛くホロホロになるまで煮込んだ牛すじに、たっぷりと葱をかけて。濃い目の味付けで、こちらもスーパードライとの相性は抜群です」。揚げ物、焼き物、煮物、サラダ、そして刺し物に珍味。そのどれもがひと手間かけられていて、実においしそうだ。
 「寒い日には、やっぱりおでん。京風のおでんつゆは、かつおと昆布で丁寧に出汁をとったもの。その特製出汁がたっぷりと染み込んだ大根は人気の種。早いもの勝ちです」。おでんには、ビールもいいが日本酒もたまらない。「日本酒にもこだわっています。ビールでノドを潤したあとは、日本酒を愉しまれるお客さまもたくさんいらっしゃいますよ」。これはもう、大人のワンダーランドといっても過言ではないだろう。


洗練されたクリアな味、辛口。SUPER DRY

 「メニューを見て悩まれているお客さまには、お好みを伺ってオススメの料理、お酒をお出しするように心がけています。普段、何気なくしていることのひとつですが、お客さまがお帰りになるとき“店員さんが親切でいいね”と言っていただけると嬉しいですね」。お店としては当たり前のことをしているだけと謙遜するが、そうしたコミュニケーションを求めてお店にくる人が多いのも確かだと思う。
 「日本酒を提供するとき、グラスからわざとこぼれるほどお酒を注ぎます。そのとき、お客さまから“もうひと声!”と声をかえていただくなどお客さま自身も楽しんでいただいたり。私たちも一緒に楽しんでいますね」。『角打 神田店』は、2016年9月のオープン以来確実に客足を伸ばしている。今回はいただくことはできなかったが、ランチも好評だそうだ。
 「これからもお客さまとの対話を大切にし、おいしい料理とお酒を提供する。そして、たくさんのお客さまに愛されるお店に育てていきたいです。会社帰り、ちょっと飲みたくなったらぜひ『角打 神田店』へ。最高の笑顔をご用意してお待ちしています!」。うまいおつまみとビール、そしてホスピタリティ。カラダだけじゃなく心まで温かくなる。そんな『角打 神田店』。今宵も、多くの酒好きたちを心地よく酔わせているのだろうか。

角打 神田   2016年9月6日(火)OPEN

「角打(かくうち)」とは一合升のこと。昔の酒屋さんが店の一角で常連客にお酒を振舞ったシーンをイメージしたレトロな和の空間です。気取らない美味しい和食と地酒が立ち飲み気分で楽しめる大人の楽園。

◆JR神田駅東口徒歩2分
◆ご予約・お問い合わせ TEL:03-3526-2336

『角打 神田店』の他にも…

  • 角打 有楽町

    和を中心としたバルおつまみで日本酒を楽しめる空間。

    ◆JR有楽町駅京橋口徒歩3分
    ◆ご予約・お問い合わせ TEL:03-3212-6888

  • 角打 丸の内

    「角打(かくうち)」とは一合升のこと。昔の酒屋さんが店の一角で常連客にお酒を振舞ったシーンをイメージしたレトロな和の空間です。美味しい和食と地酒が立ち飲み気分で楽しめる大人の楽園。

    ◆JR東京駅丸の内北口徒歩1分
    ◆ご予約・お問い合わせ TEL:03-5220-2151

▲このページのトップへ